「父よ、あなたがわたしの内におられ、わたしがあなたの内にいるように、すべての人を一つにしてください。彼らもわたしたちの内にいるようにしてください。そうすれば、世は、あなたがわたしをお遣わしになったことを、信じるようになります。」

ヨハネの福音書17章21節

ようこそキリスト教東京鵜の木教会へ

東京鵜の木教会は故・近藤正徳牧師に与えられたビジョンによりプロテスタントの基本教理に立つキリスト教会として、1970年より現在の地に建築が始められました。しかし、当初より資金が潤沢にあった訳ではなく、建築現場で働きながら手作りでの会堂建築のスタートとなり、2年後には三階建ての鉄骨が組み上がり、その後も資金を得ては建築が進められ、礼拝や集会が行われるようになりました。

2006年、近藤牧師召天後から6年間、鵜の木教会は無牧状態でしたが、2012年より教会開拓初期から共に教会建設に携わった清野隆二が牧師として赴任し、伝道師の高橋めぐみ、松井由紀恵と共に伝道牧会を担い現在に至っています。

イエス・キリストを主とする

教会の頭はイエス・キリストであり、私たちはその肢体であることに徹するために、人でも組織でもなくみことばによって歩みたいと願っています。そのため、牧師も伝道師も先生とは呼ばず、兄弟姉妹として歩んでいます(鵜の木教会では○○さん、○○兄弟、○○姉妹、と呼び合います)。

愛にあって真理を語り合う(エフェソ書4章15節)

リーダーは必要ですが本当のリーダーは主イエスです。人が集まるところに秩序(組織)は必要ですが、頭なるイエス・キリストの愛に支配されねばなりません。誰であろうと、みことばを基準とし他者に接せねばなりませんが、愛(イエス・キリスト)を忘れると裁きになります。

キリスト教・プロテスタント東京鵜の木教会

あいさつ

牧師 清野隆二

清野隆二挨拶

学生時代に主イエスに出会いました。鵜の木教会の開拓を始めていた近藤正徳牧師と出会い、主の働きに就かせていただきました。7年後に開拓伝道へ遣わされ、垂穂キリスト教会を開拓し牧会させていただきました。そして、最初の教会・鵜の木教会に再び遣わされて今日に至っています。

ただひたすらみことばを取り次ぐことを使命としております。鵜の木教会と継がりを持つ各地の家の教会を訪問しつつ、サレプタ・ミニストリーをもって、全国の兄弟姉妹へみことばを届けています。

伝道師 高橋めぐみ

高橋めぐみ挨拶

迷子の羊一匹でも捜し出して救うために、十字架にかかられた神の小羊イエス。「この方を受け入れた人々、すなわち、その名を信じた人々には、神の子どもとされる特権をお与えになった。」(ヨハネ1:12)私たち日本人が、神の子とされ、その特権にあずかって祝福された人生を生き抜くとはどういうことか…共に、みことばに聞き主に応答していきましょう。

伝道師 松井由紀恵

”松井由紀恵挨拶"

高校生に聖書のみことばとイエスさまを伝える働きをしていました。情報が氾濫し、価値観が定まらない世の中。何が正しくて、何が間違っているかが不安定な時代。振り回され、自分を見失ったり、アイデンティティが定まらない若者たちも多いように感じています。 だからこそ、決してぶれることなく、時代に左右されず、時代にふさわしくないと言われても、それに惑わされずに固く立ち続けてきた、神のみことばにある神の価値観と善悪の基準を持ってほしいと願っています。

”愛に飢えている”とも言われる、孤立しやすい世の中で、変わることのない主イエス・キリストの愛に安住する平安を知っていただければと思っています。

遠藤昭雄さん(88歳)はイエス・キリストの生涯を題材にした作品を数多く手掛けられ、2017年8月5日愛する神様の元へと帰られました。

上記公開DVDは、主イエスを証しするものとして用いられることを願い、無料で配布しています。ご希望の方は、こちらお申込みフォームステンドグラスDVDとご記入の上、お申し込みください。

聖書の学び

多くの方に聖書を通し神イエス・キリストへの知識を深めていただくため、YouTubeにアップしている清野隆二の「聖書講解」と希望者に向け毎朝配信している「聖書日課」、そして礼拝メッセージを各章ごとの考察と共にまとめました。少しでも学びの手助けになれることを願っています。また、トップページの「News」に更新情報を随時掲載していきますので、ご参考になさってください。

下記リスト内において、タイトル名が黒で表示されている箇所は、リンクが完了していることを示しています。聖書講解文 マークの個所には「聖書講解文」が掲載されています。

聖書講解CD&DVD


旧約聖書


新約聖書

News
  • 2020/03/28

    『来週の礼拝についてのお知らせ』

    新型コロナウイルスによる首都圏での外出自粛要請を受け、鵜の木教会では3月29日の主日礼拝をお休みさせていただくことになりました。また、4月以降つきましては、その時々の状況に応じ判断させていただくことになります。

    主日礼拝が正常に行えるまで、ご家族、あるいは小さな集まりをもって、主にある礼拝をお持ちいただけるよう願います。また、3/28日教会で行う小さな集まりを収録し、アップさせていただきますので、次回以降用いていただければと思います。

  • 2020/03/28

    聖書講解 列王記No.20「主の民」アップ

  • 2020/03/21

    『来週からの礼拝についてのお知らせ』

    新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、主日礼拝を二週続けて休ませていただきましたが、3月22日より礼拝および各集会を再開させていただくことになりました。また、4月以降つきましては、その時々の状況に応じ判断させていただくことになります。

    ●体調のすぐれない方、多くの人が集う所へ出席することの不安をお持ちの方もいることと思います。それぞれの判断での行動をお願いします。

    ●消毒薬等の使用をお願いします。

    ●毎週礼拝後に用意していた昼食は、当分の間中止とさせていただきます。

  • 2020/03/19

    主日礼拝 高橋めぐみNo.23「神の愛(2)」アップ

  • 2020/03/16

    主日礼拝 清野隆二No.40「神の選びと賜物」アップ

  • 2020/03/12

    聖書講解 列王記No.19「ともしびの約束」アップ

  • 2020/03/12

    主日礼拝 清野隆二No.39「アブラハムの死」アップ

  • 2020/03/04

    『今月の礼拝についてのお知らせ』

    世界的に新型コロナウイルスが広がりをみせ、日本政府が感染防止対策として、学校やイベント、集会などの自粛を求める中、鵜の木教会はその影響を考慮し、3月8日、15日の主日礼拝、そしてその間に予定されていた諸集会をお休みさせていただくことになりました。

    しかし、この決定事項は「教会を封鎖する」というものではありません。わたしたちは、「このような時だからこそ、教会は主の愛をもって、困難な人々に仕えるため存在している場所」だと信じています。したがいまして、「主にあって交わり、共に祈る必要がある」という方々に対し、教会の門は常に開いた状態にあります。必要とされる方は、メールまたは電話でお問い合わせくださいますよう、お願いいたします。

  • 2020/02/26

    聖書講解 列王記No.18「目を開いて見せてください」アップ

  • 2020/02/23

    神戸での礼拝 清野隆二C109詩編42・43篇「神を待ち望め」アップ

  • 2020/02/13

    主日礼拝 清野隆二No.38「主のしもべ」アップ

  • 2020/02/08

    主日礼拝 高橋めぐみNo.22「神の愛(1)」アップ

  • 2020/02/07

    聖書講解 列王記No.17「そうすれば清くなる」アップ

お問い合わせ
  • 宗教法人キリスト教・プロテスタント東京鵜の木教会
  • 所在地:〒146-0091 東京都大田区鵜の木3-12-2
  • TEL:080-6683-7795
  • 東急多摩川線「鵜の木」より徒歩約5分
  • e-mail:info@unokichurch.com
  • 車でお越しの場合は、誠に申し訳ありませんが教会の駐車場が手狭なため、近くのパーキングをご案内させていただいています。
  • 当教会へのご質問ならびに、ご不明な点等がございましたら、こちら”お問い合わせ”をご利用ください。また、お電話での受け付け(AM9:00~PM18:00)もしておりますので、どうぞお気軽にご連絡ください。

ページトップへ